インターネット事業

ウェブページが爆発的に増えたために

SEOの重要性が増した背景においては、インターネット上におけるウェブページが爆発的に増えたために、一つの検索キーワードで検索したとしても、上位に来るホームページしかアクセスされない状態になってしまった、ということです。そのため既存のページにおいては、アクセス数が多いために、検索を行うことになると、早い段階にホームページを作っていることがはるかに優位になってしまうのです。そのため、新規に新しいホームページを作り、アクセス数を増やそうとしても、検索結果においては、はるかに後方になってしまうことになります。そのためアクセスされることが全く無くなってしまうのです。この状態を解消するために生まれたのが、SEOなのです。

最初の一ページ目が最も重要

SEOを行うことの目的は、特定のウェブサイトを検索結果の上位の方へ移動させる、ということです。検索結果においては、最初の一ページ目が最も重要であり、その後のページにおけるほど重要性が低くなります。検索者においては、最初のページに目を通し、それで満足をしてしまい、その後のページへ移動する、ということがページが多くなればなるほど少なくなります。なので検索結果においては、上位に来ることが大切なのです。 検索結果の上位に来るホームページは、アクセス数が多くリンクが多いのです。SEOが発達した背景においては、このようなウェブサイトに対し、検索結果の上位に来るように対策するためには、特別な方法が必要であり、SEOが発達する必要があったのです。